忍者ブログ

芸能記事すくらっぷブログ

芸能記事すくらっぷブログ

[PR]

×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

あゆ宅に脅迫文 42歳男を逮捕

 歌手の浜崎あゆみさんの自宅に、所属会社社長に対して5億円を要求する脅迫文を郵送したとして、警視庁渋谷署は12日、恐喝未遂の疑いで、兵庫県明石市西新町、職業不詳、藤井基吉容疑者(42)を逮捕した。同署によると、藤井容疑者は「間違いない」と容疑を認めている。

 逮捕容疑は昨年12月下旬、浜崎さんが所属する「エイベックス・グループ・ホールディングス」(東京都港区)の松浦勝人社長(45)から現金を脅し取ろうと、同区内の浜崎さんの自宅あてに「(松浦社長は)1週間以内に指定する口座に5億円を送金しろ。さもなければ自宅を放火して丸焼きにしてやる。親分の指示だ」などと書いた封書を郵送したとしている。

 同署によると、藤井容疑者は郵送した封書に自分の住所や氏名を書き込んでいた。浜崎さんや松浦社長と面識はなかったという。
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20100212-00000582-san-soci
http://www.iza.ne.jp/news/newsarticle/event/crime/356942/

あまりにも稚拙な手口で呆れます。




浜崎あゆみ動画集
PR

7年ぶり日本再上陸のビビアン・スーがブログ開設

 7年ぶりに日本での活動再開を発表した台湾出身の歌手で女優のビビアン・スーが25日、公式ブログ『Vivian Hsu’s Beautiful Day あなたの知らないVivianがココに!』を開設した。

 ビビアンは、今年で芸能生活20周年の節目となることから日本再上陸を決意。日本から離れていた7年間について「私はアジアで歌い、曲を書き、時々他のアーティストへ楽曲提供をし、お芝居をしていました。私が出演している映画を皆さんに見てもらう機会があるといいな」と振り返り、今後は機会があれば「日本の監督や役者と一緒に仕事したい」という。

 ブログでは7年間に「ノンストップで私がしてきた事、書いてきた事、皆さんが知らなかった全てのこと」を綴っていく予定。「台湾、香港、中国など各地に忙しく飛び回っていても、時間がある時に皆さんのメッセージを読んで、皆さんとおしゃべりしたいと思います」と今後も日本向けにメッセージを発信していくようだ。

 3月3日には音楽プロデューサー・亀田誠治プロデュースによるシングル「Beautiful Day」を発売する。所属レーベルによると、ブログは3か月間の期間限定だという。
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20100125-00000033-oric-ent
http://career.oricon.co.jp/news/72767/full/

ウリナリを思い出すなぁ。
相変わらず可愛いですね。




ビビアン・スー動画集

水樹奈々 声優初シングル1位

 声優で歌手としても活動する水樹奈々の通算21枚目のシングル「PHANTOM MINDS」が13日に発売され、1/25付週間シングルランキングの首位に初登場した。声優によるシングル1位記録は、1968年1月のオリコンランキング発表開始以来43年目で初めて。自身にとってもデビュー10年目にして初のシングル1位となった。2009年末の『第60回NHK紅白歌合戦』に歌手として初出場した水樹は「感謝の気持ちでいっぱいです。これからも末永く愛して頂ける作品を生み出していけるよう一曲一曲大切に歌っていきたいと思っています」とコメントしている。

 2005年10/31付で週間最高位2位を記録したシングル「ETERNALBLAZE」で、林原めぐみが「Northern lights」(2002年3月発売)で獲得した“声優シングル最高位記録3位”を塗り替えて以来4年3か月にわたりトップの座を維持していた水樹。今回のシングル1位獲得で自身の記録をさらに更新した。ちなみに水樹にとって首位獲得は、声優初のアルバム首位作品となった昨年6月発売の『ULTIMATE DIAMOND』に続き2作目。

 同シングルには、今月23日に公開の劇場版『魔法少女リリカルなのは The MOVIE 1st』主題歌の「PHANTOM MINDS」のほか、同挿入歌の「Don’t be long」、アーケード版『シャイニング・フォース クロス』テーマソング「十字架のスプレッド」など全4曲が収録。2月10日には新曲「Silent Bible」が発売される予定。
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20100118-00000033-oric-ent
http://www.oricon.co.jp/news/rankmusic/72565/full/?id=TOP

私は恥ずかしながら水樹奈々さんの歌は聴いたことがありませんでした。
「紅白」で初めて聴いたわけですが、素晴らしい歌手だと思いました。
今後注目していきたい歌手です。

小林幸子 過去最大3トン衣装

 演歌歌手の小林幸子が30日、東京・渋谷のNHKホールで大みそか恒例『第60回NHK紅白歌合戦』(後7:15~)のリハーサルを行い、過去最大となる豪華衣装“メガ幸子”を初披露した。高さ8.5メートル、横幅8メートル、奥行き5.4メートル、総重量3トンという破格のスケールで、自身の顔を実際にスキャンして普段のステージメイクまで施す徹底ぶり。「(視聴者に)笑顔になってもらいたかった」という小林、まずは報道陣の大爆笑をかっさらった。

 衣装に使った生地は全体で30平方メートルにも及び、制作関係者は「トータルで家が一軒建ちますね」と苦笑い。歌唱曲「万葉恋歌 あぁ、君待つと」にちなみ、デザイナーが万葉の時代の女性が着ていた着物を調べて当時のものを踏襲して新たに万葉の貴婦人のイメージでデザイン。プランの提案が半年前にあり、今月27日に完成後動作リハーサルを行い、29日に分解した状態で11トントラック2台で運搬し、会場入りした。

 カーテンが開きながら小林が浮上し、実は小林自身が“メガ幸子”の手のひらに乗っているという演出を見た司会の中居正広は「ぶざけてるでしょ? いい歌を歌うのに笑わせようとしてる」と爆笑。小林は「さっき中居君なんて言ってた?」と反応が気になる様子で、中居の様子を報道陣から知らされると「それはあります。さっき女性審査員の方も手を叩いて笑っていたから、やったな!って思った。当日会場に5000人入ったらどうなるのか」と期待を寄せた。

 顔の3Dスキャンを取り、元の素材となった発泡スチロールを切り出して何度もコーティング。小林の担当メイクが逐一指示を出しながらプロの手によって“メガ幸子”にメイクが施されていったといい、小林は「もっと濃くしましょうってなって、つけまつげなんてこんな大きさ!」とジェスチャーでその迫力を表現。自身に「似てると思いますよ。化粧の仕方も、アイラインの先がしっぽのような形で」と総勢500~600名が制作を手がけた、自身の14~15倍になるという分身の仕上がりにご満悦だった。

 さらに自ら着る、裏表に和刺繍が施された着物の衣装も方袖だけで2キロの重量があるといい、本番後は2010年3月の東京・明治座公演で再びお披露目される。また報道陣からさっそく来年の衣装の構想を問われると「もう今はコレに集中するのみ」とし、以前衣装対決が注目された美川憲一を引き合いにだして「憲ちゃんはやらなくなりましたから、毎年自分の去年の衣装との戦い」と気を引き締めていた。
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20091230-00000002-oric-ent
http://www.oricon.co.jp/news/movie/72100/full/
http://www.iza.ne.jp/news/newsarticle/entertainment/music/111350/

小林幸子さんの紅白衣装と言えば、1991年の空中に浮かび上がった時のものが強く印象に残っています。
「あれだけ大爆笑したことはしばらくなかったな」というほど、家族みんなで笑った記憶が鮮明に残っています。
そう言えば、その後あれほど笑ったことは無かったような気がします。

今年も期待できそうです。

布施明 今年で紅白勇退を宣言

 歌手の布施明(62)が29日、東京・渋谷のNHKホールで大みそか恒例の『第60回NHK紅白歌合戦』のリハーサルに臨んだ。「MY WAY」を歌う布施は、今年で25回目となった紅白出場に対して考えを改めたといい、「卒業宣言ではないけど、いったん引かせていただきます。名前だけで出るのをやめようと思います。その枠を、ポップスを頑張っている若者たちに譲りたい」と紅白からの勇退を宣言した。

 リハ後、関係者を通じて自ら「大切な話がある」として報道陣のインタビューに応じた布施は、紅白における例年の自身の“出場枠”について「ポップス部門がものすごく少なくなっている」と切り出した。紅白という大舞台で「表現できる場所に僕が居続けるのはいけないと思った。次に譲っていかないと」と、「嫌がる事務所を説き伏せてお願いしました」と昨年の紅白出場時からの考えだったと明かした。

 歌唱曲もほぼ固定されていることから「同じ曲になってしまうし、名前だけで出るのはやめようと。一度紅白から自ら引いてみて、歌謡ポップス、歌謡ロックといわれたりR&B、ジャズを頑張っている若者と同じところに戻って、そこで一番頑張っている人に出てほしい」と切望。ただ、今後一切出場しないというわけではなく「皆頑張って俺が一番だったら出るけど、でもそれはないでしょうから。きっと良いアーティストに当たると思う」と後進に期待を込めた。

 このタイミングでの発表に至った経緯として、昨年に「来年60回目でキリもいいので、もし出させてもらえるのなら声明で出せたらと思っていた」といい、自ら「J-POPとは一線を画されてしまった」というポップス枠の席を空けることで「そこが演歌になってしまったら困るので、ポップス枠を確立できたらいろんな人に出てほしい」と“先輩格”として後輩にエールを送った。

 その一方、紅白出場を楽しみにしている自身のファンに向けて「(出場できるように)僕も頑張ります。でも毎日ギターやキーボードを弾いていたのがいつの間にかそれが無くなってしまって。何か月もギターを弾いていないという自分に気づいてしまったので、元々の“音楽作り”みたいなのに戻らなくてはいけないかなと思いました」と原点回帰を誓った。

 今回歌う「MY WAY」が紅白出場最後の曲になる可能性を報道陣から問われると「それは全然考えていない。22歳のときにレコーディングして、周りから歌うのは早いと言われた曲。やっと歌える年齢になったんだっていう「MY WAY」を歌いたい」と力強く意気込んでいた。
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20091229-00000016-oric-ent
http://www.oricon.co.jp/news/movie/72081/

布施さんにとって「紅白」の舞台が、特別な舞台であるからこその宣言なのでしょう。
今後の自分を高めたいという意気込みも伺えます。
個人的には、特別な舞台だという価値を落とさないためにも、ベテランの存在は大きいのだと思うのですが。

カレンダー

07 2017/08 09
S M T W T F S
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31

ひとりHサプリ

業界初!ひとりH用サプリ
AT-30(エーティー30)【アメリカヤ】
身震いするほどの快感! 注)通常の4.5倍もの精子が出る可能性があります。

飲む水晶サプリ

完全無料試供
【完全無料】世界初!飲む水晶サプリ活性珪素水溶液【リンクスモール】
サンプルではなく、商品の無料試供です

最新記事

カテゴリー

ブログ内検索

リンク

バーコード

RSS

アーカイブ

最古記事