忍者ブログ

芸能記事すくらっぷブログ

芸能記事すくらっぷブログ

[PR]

×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

布施明 今年で紅白勇退を宣言

 歌手の布施明(62)が29日、東京・渋谷のNHKホールで大みそか恒例の『第60回NHK紅白歌合戦』のリハーサルに臨んだ。「MY WAY」を歌う布施は、今年で25回目となった紅白出場に対して考えを改めたといい、「卒業宣言ではないけど、いったん引かせていただきます。名前だけで出るのをやめようと思います。その枠を、ポップスを頑張っている若者たちに譲りたい」と紅白からの勇退を宣言した。

 リハ後、関係者を通じて自ら「大切な話がある」として報道陣のインタビューに応じた布施は、紅白における例年の自身の“出場枠”について「ポップス部門がものすごく少なくなっている」と切り出した。紅白という大舞台で「表現できる場所に僕が居続けるのはいけないと思った。次に譲っていかないと」と、「嫌がる事務所を説き伏せてお願いしました」と昨年の紅白出場時からの考えだったと明かした。

 歌唱曲もほぼ固定されていることから「同じ曲になってしまうし、名前だけで出るのはやめようと。一度紅白から自ら引いてみて、歌謡ポップス、歌謡ロックといわれたりR&B、ジャズを頑張っている若者と同じところに戻って、そこで一番頑張っている人に出てほしい」と切望。ただ、今後一切出場しないというわけではなく「皆頑張って俺が一番だったら出るけど、でもそれはないでしょうから。きっと良いアーティストに当たると思う」と後進に期待を込めた。

 このタイミングでの発表に至った経緯として、昨年に「来年60回目でキリもいいので、もし出させてもらえるのなら声明で出せたらと思っていた」といい、自ら「J-POPとは一線を画されてしまった」というポップス枠の席を空けることで「そこが演歌になってしまったら困るので、ポップス枠を確立できたらいろんな人に出てほしい」と“先輩格”として後輩にエールを送った。

 その一方、紅白出場を楽しみにしている自身のファンに向けて「(出場できるように)僕も頑張ります。でも毎日ギターやキーボードを弾いていたのがいつの間にかそれが無くなってしまって。何か月もギターを弾いていないという自分に気づいてしまったので、元々の“音楽作り”みたいなのに戻らなくてはいけないかなと思いました」と原点回帰を誓った。

 今回歌う「MY WAY」が紅白出場最後の曲になる可能性を報道陣から問われると「それは全然考えていない。22歳のときにレコーディングして、周りから歌うのは早いと言われた曲。やっと歌える年齢になったんだっていう「MY WAY」を歌いたい」と力強く意気込んでいた。
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20091229-00000016-oric-ent
http://www.oricon.co.jp/news/movie/72081/

布施さんにとって「紅白」の舞台が、特別な舞台であるからこその宣言なのでしょう。
今後の自分を高めたいという意気込みも伺えます。
個人的には、特別な舞台だという価値を落とさないためにも、ベテランの存在は大きいのだと思うのですが。

PR

カレンダー

07 2017/08 09
S M T W T F S
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31

ひとりHサプリ

業界初!ひとりH用サプリ
AT-30(エーティー30)【アメリカヤ】
身震いするほどの快感! 注)通常の4.5倍もの精子が出る可能性があります。

飲む水晶サプリ

完全無料試供
【完全無料】世界初!飲む水晶サプリ活性珪素水溶液【リンクスモール】
サンプルではなく、商品の無料試供です

最新記事

カテゴリー

ブログ内検索

リンク

バーコード

RSS

アーカイブ

最古記事