忍者ブログ

芸能記事すくらっぷブログ

芸能記事すくらっぷブログ

[PR]

×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

英音楽賞でレディー・ガガ3冠

英音楽賞ブリット・アワーズの第30回授賞式が16日に開催され、米歌手レディー・ガガが、インターナショナル女性ソロアーティスト賞など3部門で受賞した。海外のアーティストによる3部門受賞は5年ぶりとなる。
 レディー・ガガは、インターナショナル・ブレイクスルー・アクト賞と、「ザ・フェイム」でインターナショナルアルバム賞も受賞。ファンに向けて「わたしを信じてくれてありがとう」と述べた。
 そのほか、英人気オーディション番組「Xファクター」で2008年に準優勝した英男性グループJLSが、英国グループ賞と英国シングル賞の2部門で受賞。英国女性ソロアーティスト賞にはリリー・アレンが選ばれ、英国男性ソロアーティスト賞は、ディジー・ラスカルが獲得した。
 また、インターナショナル男性ソロアーティスト賞を受賞した米ラッパーのジェイ・Zは、授賞式でアリシア・キーズと共に自身のヒット曲「Empire State of Mind(原題)」を熱唱した。
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20100217-00000288-reu-ent
http://jp.reuters.com/article/entertainmentNews/idJPJAPAN-13928820100217

海外アーティストがイギリスのブリット・アワーズで3冠とは凄いです。
彼女こそ真の歌姫です。

 


レディー・ガガ動画集
 

PR

マイケルさんの子どもが登壇

 1日(現地31日)、アメリカ、ロサンゼルスで開催されている第52回グラミー賞授賞式に、特別功労賞を受賞した故マイケル・ジャクソンさんの子どもである、長男プリンスくん、長女パリスちゃんが登壇した。

 二人はそれぞれマイケルさんが、世界中の子どもたちを救済する決意を表すものとしてシンボルにしていた腕章を右腕に巻き、パリスちゃんはメガネをかけて、ぐっと大人っぽくなっていた。プレゼンターのライオネル・リッチーからトロフィーを渡されると、プリンスくんは、「父に代わってこの賞を受け取ることができてうれしく思います。父は、地球のことを常に考えていました。生前いろいろなチャリティーに参加していました。父の愛のメッセージをこれからも伝えていきたいと思います」としっかりとした口調で語った。パリスちゃんは、「パパがここに出るはずでした。ありがとう。パパを愛しています。みんな愛しています」と感謝を短く伝えた。

 授賞式では、マイケルさんを偲んで、映画『マイケル・ジャクソン THIS IS IT』の中の「アース・ソング」が3D映像で上映。セリーヌ・ディオン、ジェニファー・ハドソンらがステージでともに「アース・ソング」を熱唱した。
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20100201-00000038-flix-movi
http://www.cinematoday.jp/page/N0022169

世界中に尊敬され、愛されたマイケル・ジャクソンが父親であるプリンスくんとパリスちゃん。
そして彼らにも尊敬され、愛されている父親のマイケル・ジャクソン。
実に幸せな家族です。


マイケル・ジャクソン グラミー賞関連動画集

グラミー賞 マイケル3Dで復活

 [ロサンゼルス 20日 ロイター] 米音楽界最高の名誉とされるグラミー賞の授賞式で、昨年6月に急死した米歌手マイケル・ジャクソンさんが生前、ロンドン公演のためにヒット曲「アースソング」に合わせて作った3D映像が初めて披露され、セリーヌ・ディオンやキャリー・アンダーウッドらがジャクソンさんの声と一緒に歌うことが分かった。主催団体が20日明らかにした。
 ジャクソンさんは今年のグラミー賞で、功労賞を贈られることになっている。
 31日にロサンゼルスで開催される授賞式では、そのほかアッシャーやジェニファー・ハドソン、スモーキー・ロビンソンも、ジャクソンさんの声に合わせて歌い、その功績を称えるという。
 グラミー賞のプロデューサーでジャクソンさんと仕事をしていたケン・エールリッヒ氏は声明で、「アースソング」の3D映像は、「マイケルのコンサートツアーで最も大切だった部分の1つであり、最後のリハーサルでマイケルがこの映像を初めて見たとき、目に涙を浮かべていた」と明かした。
 主催団体によると、同授賞式での3D放映は初の試み。会場の観客に3D眼鏡が配られるほか、米CBSテレビと米小売大手ターゲットの協力により、米国のテレビ視聴者らにも3D眼鏡が無料で配布されるという。
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20100121-00000546-reu-ent
http://jp.reuters.com/article/entertainmentNews/idJPJAPAN-13454620100121

さすがグラミー賞ともなると、やることも凄い。
可能なら、いつか日本でも観れる日がくるといいですね。




マイケル・ジャクソン動画集

「スターは2位から」の新法則

 イギリスの公開オーディション番組『ブリテンズ・ゴット・タレント』で2位となったスーザン・ボイル。地味な生活を送ってきたパッとしない容姿の48歳のおばさんが、美しい声で歌うギャップで注目を集め、昨年11月末に発売したアルバムが日本で出荷20万枚を突破した。米国で123万枚、本国イギリスで70万枚と世界中で大ヒットしている。

 日本でスーザン・ボイルの制作を担当する、ソニー・ミュージックジャパンインターナショナルの小山哲史氏は「当初からターゲットとしていた、日ごろ洋楽CDを買わない35歳以上の女性層の心をつかんだのが勝因」と語る。

 スーザン・ボイルはテレビの音楽番組ではなく、ワイドショーやニュースでの報道が多かった。「音楽性だけでなく、キャラクターや人生そのものに注目が集まるアーティストの訴求にはワイドショーは欠かせないメディア。アルバム発売の2カ月以上前から、レコーディングの進行状況などが定期的にニュースになるように仕掛けた」(小山氏)。

優勝者ではなく2位が本命

 そもそもは欧米での人気が日本に飛び火したものだが、彼女は偶然ヒットを生み出したのではない。綿密に計算されてスターの座に上りつめたのだ。

 その仕掛け人は、ソニーBMGミュージックエンタテインメントの音楽プロデューサー、サイモン・コーウェル。『アメリカン・アイドル』、イギリスの『Xファクター』など多数の公開オーディション番組で審査員を務め、出演者をめったにほめずに「見るに耐えない」「ここへ何しに来たの?」など辛口のコメントで知られる。

 これまで、公開オーディション番組出身のアーティストは、優勝した正統派アイドルがメジャーデビューし、人気を集めるというケースが一般的だった。ケリー・クラークソンやキャリー・アンダーウッド、最近ではレオナ・ルイスがこのパターンに当てはまる。

 流れが変化したのは06年の『アメリカン・アイドル』で優勝確実といわれながらも、4位にとどまったロックバンドのドートリーから。他の候補者とは明らかに違うスキンヘッドでコワモテのビジュアルと、優勝者以上の歌唱力が話題で、メジャーデビューを果たした。結果、優勝アーティストを上回るどころか、06年に全米で最もアルバムを売った新人となった。

 このヒット以降、歌のうまさだけではなく、キャラクター性の高さや、過去のプロフィールを売りにする入賞者が増加。しかも、優勝確実といわれながらも2位にとどまったドラマを前面に押し出し、結果的に優勝者を上回るセールスを記録するアーティストが続出している。スーザン・ボイルのヒットはこうしたパターンの集大成というわけだ。

 このヒットの法則通りに、既に次のスター候補も生まれている。映画『2012』のエンディングテーマを歌う、アダム・ランバートは『アメリカン・アイドル シーズン8』で2位となった後、ゲイであることをカミングアウト。あやしい魅力を振りまき、日本では3月にデビュー予定だ。洋楽不振といわれるなか「個性派2位」に対する業界の期待は高い。

(文/日経エンタテインメント!編集部)

http://zasshi.news.yahoo.co.jp/article?a=20100121-00000004-trendy-ent
http://trendy.nikkeibp.co.jp/article/pickup/20100118/1030797/

そう言えば、共感を呼びそうな彼女のドキュメンタリー映像もありましたね。
(あれがオーディション番組そのもの?)
でも彼女の歌は本物です。
その価値を下げるものではありません。

D・ホッパー 骨にがん転移

 アメリカのナショナル・インクワイアラー紙によると、去年の10月に前立腺がんであることを報告したデニス・ホッパーが、現在はがんが骨にまで転移したため、治療の施しようがなく、余命が短いと医者から宣告されたことを、友人に伝えていたことがわかった。

 『理由なき反抗』『イージー・ライダー』『地獄の黙示録』『ブルー・ベルベット』などの数多くの有名作品に出演してきた名優デニス・ホッパーは、去年テレビドラマの「クラッシュ」(原題)の撮影を撮り終えてから、急に体の調子が悪くなり、ロサンゼルスのシダーズ・サイナイ医療センターに、クリスマス前から入院していた。前立腺がんと判明してからは、南カリフォルニア大学の特別なプログラムを通じて治療を受けていた。

 現在デニスは、自らが撮った写真を本にした「デニス・ホッパー・アンド・ニュー・ハリウッド」を編集し、今年の4月発売を楽しみにしているそうである。彼は、最後まで俳優としての軌跡を残していくつもりのようだ。
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20100113-00000015-flix-movi
http://www.cinematoday.jp/page/N0021793

前立腺ガンの報道で心配していましたが、どうやら最悪の状態のようでショックです。
素晴らしい俳優であるだけに。
せめて4月の本の発売までは生きていてもらいたいです。

カレンダー

11 2017/12 01
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31

ひとりHサプリ

業界初!ひとりH用サプリ
AT-30(エーティー30)【アメリカヤ】
身震いするほどの快感! 注)通常の4.5倍もの精子が出る可能性があります。

飲む水晶サプリ

完全無料試供
【完全無料】世界初!飲む水晶サプリ活性珪素水溶液【リンクスモール】
サンプルではなく、商品の無料試供です

最新記事

カテゴリー

ブログ内検索

リンク

バーコード

RSS

アーカイブ

最古記事