忍者ブログ

芸能記事すくらっぷブログ

芸能記事すくらっぷブログ

[PR]

×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

雄星155kmフォーム捨てた理由

 西武のドラフト1位左腕・雄星投手(18)が、スポニチ本紙のインタビューに応じた。岩手・花巻東時代には最速155キロを計測したが、ここまでのキャンプはそのフォームに改良を加えるなど試行錯誤の日々が続く。首脳陣からは調整遅れを指摘されたこともあったが、雄星にはプロで活躍するための信念があった。宮崎・南郷キャンプで第4クールまでを終えたルーキーに現在の心境を聞いた。

 ――ここまでのキャンプを振り返ると?

 「1つずつ課題をクリアしてきていると思います。波というか、調子を崩したこともありましたけど、結果的にいいところまでたどりつけた。すべてが良くなるための試練だと考えていますね」

 ――予想通りのキャンプになっている?

 「予想通りですかね。フォームも悩むなあと感じていましたし。普通に結果が出るとは思っていなかった。プロの世界は甘いものじゃないと思っていたので。そういう面では覚悟はしていました」

 ――連日のようにフォームに改良を加えている。なぜ高校時代のフォームを変えようと考えたのか?

 「高校時代は大体あそこにいけばいいという考えだったんですよ。プロって、ピンポイントに投げることが大事になってくると思うので、大体あそこではなく、ここっていうフォームにしたいんですよね。そう考えたらもう少し時間かかっても、しっかりとしたフォームに固めた方がいいかなと。もし高校時代のままのフォームで投げていたら、ある程度のコントロールはできると思います。でも、もっともっと何十年もやるんだから、目先のことを考えずに時間かけても、そういうフォームをつくって、1、2年たってからでも活躍できればいいなと思って。高校野球は連戦で代わりはいない。すぐ結果が求められるので、フォームを変えることはなかなかできない。でもプロでは自分よりもいい投手がたくさんいるので、もっと時間をかけてもいいのかなと」
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20100223-00000000-spn-base
http://www.sponichi.co.jp/baseball/news/2010/02/23/01.html



先日、古田さんが雄星の投球フォームを分析していましたが、
古田さんによると、彼のフォームは速球派のそれではなく、
制球の良い投手のフォームに近いということでした。
古田さんが正しいとすると、球速はそれほど落ちないのではないでしょうか。

いずれにしても、雄星の考え方は本当にしっかりしている。
とにかく今から楽しみな選手です。

PR

カレンダー

05 2017/06 07
S M T W T F S
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30

ひとりHサプリ

業界初!ひとりH用サプリ
AT-30(エーティー30)【アメリカヤ】
身震いするほどの快感! 注)通常の4.5倍もの精子が出る可能性があります。

飲む水晶サプリ

完全無料試供
【完全無料】世界初!飲む水晶サプリ活性珪素水溶液【リンクスモール】
サンプルではなく、商品の無料試供です

最新記事

カテゴリー

ブログ内検索

リンク

バーコード

RSS

アーカイブ

最古記事