忍者ブログ

芸能記事すくらっぷブログ

芸能記事すくらっぷブログ

[PR]

×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

稲垣 菅野との復縁報道を否定

 今月中旬に一部夕刊紙で女優・菅野美穂との“復縁”が報じられた人気グループ・SMAPの稲垣吾郎が26日、都内で行われた舞台『象』(3月5日~30日 新国立劇場)の製作発表会見後に「別にそういうことはない。復活愛はない? そうですね」と語り、報道を否定した。会見後、控え室への去り際に報道陣が殺到するも、冷静な様子で受け答えた稲垣は「報道にはびっくりしましたが(菅野とは)本当にいいお友達です。僕ですか? 今はフリーです」とコメントした。

 およそ2年ぶりの舞台出演となる稲垣は、20代前半に出演した舞台『広島に原爆を落とす日』以来、「全ての芸事の源は舞台」と考えるようになったと明かし、今作について「僕にとって(舞台出演は)大きな意味があります。台本を読んで子供の頃に感じた孤独や未来への希望を思い出しましたね」と語った。そして現在も世界の各地で戦争が続く中、唯一の被爆国である日本の役者として「人間がやってはいけないことを伝える使命感を、課されたのかなと思います」と力を込めた。

 また昨秋の出産を経て、今作で女優復帰となる奥菜恵は「舞台もおよそ2年ぶり。集中して頑張るのみですね。私の場合、広島出身ということもあり被爆者の方々の話をよく聞いていましたので…」と、原爆が残した様々な問題を理解した上で熱演することを誓った。

 作品は原爆の“風化”がテーマ。深い孤独と不安に耐えて、原爆の恐怖と苦しみを斬新な手法で表現しながら、静かな生活を守り抜こうとする人間の姿を鋭く描いていることもあり、キャスト陣は終始、緊張の面持ちだった。

 重々しい雰囲気で行われた会見後に、プライベートの話題で報道陣に取り囲まれた稲垣だったが、「(菅野と食事は)今は別に行っていない。たまに会う? それも今はないですね」とキッパリ。「フリーです」という言葉で語気を強めると「また、いい話を皆さんの前でできればと思いますので、舞台も観に来てくださいね」と締めくくった。

 そのほか製作発表には劇作家・別役実をはじめ大杉蓮、羽場裕一、山西惇、神野三鈴らも出席した。
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20100126-00000005-oric-ent
http://beauty.oricon.co.jp/news/72780/full/

他人の復縁云々には興味が無い。
それよりも舞台の方が気になります。

この報道はまだテレビでは見ていませんが、この手の報道見てていつも不快に思うのは、肝心の舞台会見よりも、タレントのプライベートの噂の方に興味津々であることがあからさまであるマスコミの姿。

稲垣吾郎 菅野美穂 動画集
PR

エンタの神様終了 後番組は嵐

 日本テレビは25日、土曜午後10時から放送しているお笑い番組「エンタの神様」を今年度いっぱいで打ち切り、新年度からは同時間帯で、ジャニーズ事務所の人気グループ「嵐」が出演する番組を放送することを明らかにした。

 同局の舛方勝宏専務は「土曜日は強いので、ここを強化するため」と改編の趣旨を説明。詳しい番組内容については未定で、「現時点ではドラマではない。ちょっと(嵐の)大人っぽいものを出していきたい」と言うにとどめた。
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20100125-00000570-san-ent
http://www.iza.ne.jp/news/newsarticle/entertainment/television/350086/

この番組は結構長く続きましたね。
最近のネタ番組主流の、ネタの短縮化はここから始まったものでしょう。
ここからブレイクした芸人も少なくないはず。
そして一発屋もまた少なからず。

でもここのところ面白くなくなってきていました。
私も随分長いこと観てませんでした。





エンタの神様動画集

7年ぶり日本再上陸のビビアン・スーがブログ開設

 7年ぶりに日本での活動再開を発表した台湾出身の歌手で女優のビビアン・スーが25日、公式ブログ『Vivian Hsu’s Beautiful Day あなたの知らないVivianがココに!』を開設した。

 ビビアンは、今年で芸能生活20周年の節目となることから日本再上陸を決意。日本から離れていた7年間について「私はアジアで歌い、曲を書き、時々他のアーティストへ楽曲提供をし、お芝居をしていました。私が出演している映画を皆さんに見てもらう機会があるといいな」と振り返り、今後は機会があれば「日本の監督や役者と一緒に仕事したい」という。

 ブログでは7年間に「ノンストップで私がしてきた事、書いてきた事、皆さんが知らなかった全てのこと」を綴っていく予定。「台湾、香港、中国など各地に忙しく飛び回っていても、時間がある時に皆さんのメッセージを読んで、皆さんとおしゃべりしたいと思います」と今後も日本向けにメッセージを発信していくようだ。

 3月3日には音楽プロデューサー・亀田誠治プロデュースによるシングル「Beautiful Day」を発売する。所属レーベルによると、ブログは3か月間の期間限定だという。
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20100125-00000033-oric-ent
http://career.oricon.co.jp/news/72767/full/

ウリナリを思い出すなぁ。
相変わらず可愛いですね。




ビビアン・スー動画集

萩原聖人&酒井若菜が熱愛

 俳優の萩原聖人(38)と女優の酒井若菜(29)のロマンスが発覚した。萩原は1995年に和久井映見(39)と結婚し、一児をもうけたが、2003年に離婚。酒井は昨年、タレントのビビる大木(34)との熱愛が報じられていたが、破局していたようだ。

 25日付のスポーツ報知によると、2人はCSチャンネル「フジテレビNEXT」で昨年11月スタートした連続ドラマ「ニュース速報は流れた」で共演。秋から冬にかけて交際に発展し、オフの時間を使い、2人で食事など仲良くデートする姿も目撃されているという。

 この熱愛報道に驚いたのは、ビビる大木の親戚にあたるテレビ朝日の大木優紀アナウンサー(29)。

 この日の「やじうまプラス」で新聞を紹介しながら、「うまく行ってるのかと、報道から勝手に思っていました」とコメントした。

 酒井とビビる大木は、ともに歴史好きだったことから、10年来の友人関係を経て、交際に発展したとされていたが、いったい何があったのか。

 萩原と酒井が出会った「ニュース速報-」は、脚本を「踊る大捜査線」シリーズの君塚良一氏が手掛ける謎が謎を呼ぶ本格サスペンス。「スカパー!」を介した同チャンネルの昨年11、12月の新規契約数は、前年同期の約1万4000から約2万8000へと倍増し、視聴方法の問い合わせも増えているという。

 萩原は、テレビ局報道センターの報道局フロア内で起こった事件の真相に迫るテレビ局のコンプライアンス部員。酒井は報道志望のアイドルアナウンサーという役どころだが、自分たちの熱愛が速報されるとは思ってもみなかったか-。

 萩原は95年、ドラマの共演をきっかけに、和久井と結婚。99年に長男が生まれたが、2001年に別居するようになり、03年に離婚した。現在、長男の親権は和久井にある。

 離婚から6年半が経過し、社会派作品でも存在感を放つ演技派として円熟味を増す萩原。グラビアアイドルから個性派女優に転身し、今年、三十路の節目を迎える酒井。結婚を意識しても不思議はないが…。
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20100125-00000002-ykf-ent
http://www.zakzak.co.jp/entertainment/ent-news/news/20100125/enn1001251606014-n2.htm
http://www.iza.ne.jp/news/newsarticle/entertainment/celebrity/283608/

はとこちゃんもビックリですか。

ビビる大木とは長続きしそうな気がしませんでしたが。
いや、なんとなく・・・。




酒井若菜動画集

浅草に吉永&鶴瓶 観光客仰天

 [eiga.com 映画ニュース] 吉永小百合と笑福亭鶴瓶が1月24日、山田洋次監督とともに主演映画「おとうと」のヒット祈願を東京・台東区の浅草寺で行なった。

 吉永と鶴瓶が、同寺で映画関連のイベントを行うのは初めて。3人が宝蔵門前に登場すると、観光客を含む約1500人のファンは大歓声。着物姿の吉永は丁寧に頭を下げ、スーツ姿の鶴瓶は笑顔で応じた。その後、3人は本堂へ移動し、神妙な面持ちでヒット祈願の法要に臨んだ。

 法要を終えた3人は、ファン300人が待つステージイベントを敢行し、抽選で当たった30人に直接、甘酒と“鶴瓶アメ”を手渡した。ファンとともに甘酒で乾杯した吉永は、「土曜日からいよいよ公開です。今日はかわいい弟も一緒です」と話すと、懐から鶴瓶の顔のお面を取り出すなど大サービス。鶴瓶は、「どこから持ってきましたのや! こんなことばっかりしてはるんですわ」とツッコミを入れるなど息もぴったりで、その姿は“姉弟”そのものだ。

 また、同作が第60回ベルリン国際映画祭(2月11~21日)の特別招待作品として、クロージング作品に選出されたことをファンに報告。同映画祭への参加が7度目になる山田監督は、「日本映画じゃ初めてらしいですね。東京の映画祭でもなかなか選んでもらえないのに、ベルリンが選んでくれてうれしかった」と喜んだ。吉永も、「監督と『母べえ』でベルリンにご一緒させていただいたとき、とっても素敵な拍手をもらいました。仕事が入っていましたが、何とか整理してベルリンへ行きたいと思う」と話すと、ファンから拍手喝さい。鹿児島での落語会に出席するため渡独を断念した鶴瓶に対しても、「泳いできてください」とリクエストし、笑いを誘っていた。

 同作は、山田監督にとっては「十五才・学校IV」以来10年ぶりの現代劇。故市川崑監督が60年に発表した同名作にオマージュを捧げたもので、東京で真っ当に生きてきた姉と大阪で問題ばかり起こしてきた弟の再会と別れを通して、家族とは何かに迫る。

 「おとうと」は松竹配給で、1月30日から全国で公開。
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20100124-00000001-eiga-movi
http://eiga.com/buzz/20100124/1/

鶴瓶さんはともかく(笑)、吉永小百合さんがいきなり現れたら本当にビックリですよね。
イベントということで、ファンの人たちはわかっていたのでしょうが。
それにしてもお幾つになっても吉永さんは美しい方です。
映画「おとうと」についてはこちら
http://www.cinematoday.jp/movie/T0007399

 

吉永小百合動画集

カレンダー

07 2017/08 09
S M T W T F S
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31

ひとりHサプリ

業界初!ひとりH用サプリ
AT-30(エーティー30)【アメリカヤ】
身震いするほどの快感! 注)通常の4.5倍もの精子が出る可能性があります。

飲む水晶サプリ

完全無料試供
【完全無料】世界初!飲む水晶サプリ活性珪素水溶液【リンクスモール】
サンプルではなく、商品の無料試供です

最新記事

カテゴリー

ブログ内検索

リンク

バーコード

RSS

アーカイブ

最古記事